2013年02月28日

マレーバクの母さん

ユキミが近寄ってきて、鼻を上げ、口の中を見せてくれました。あまりの迫力にびっくりです。

130228marebaku1.jpg
posted by miniflag at 19:59| その他

ハシビロコウのオス

このところ室内にいることの多かったハシビロコウは、オスが屋外に出ていました。体をブルブル振った時、ほこりがそこらに飛び散りました。近くにいなくて良かった。メスは小屋の中です。

130228hasibirokou1.jpg

130228hasibirokou2.jpg

130228hasibirokou3.jpg
posted by miniflag at 19:53| ハシビロコウ

シタツンガ

草原の一番高いところで食事をしていました。シカの仲間のように見えますが、ウシ科だそうです。オスには角があるそうなので、これはメスのようです。白い縞があります。

130228sitatunga1.jpg

130228sitatunga2.jpg
posted by miniflag at 19:45| その他

野鳥5種

あまり代わり映えのしない野鳥ばかりで、しかも遠いので小さくなりました。5種とも同じ大きさでトリミングしています。上から、エナガ、コゲラ、シジュウカラ、ヤマガラ、ハクセキレイです。ヤマガラ、ハクセキレイは多分初めての掲載です。

130228enaga1.jpg

130228kogera1.jpg

130228sijukara1.jpg

130228yamagara1.jpg

130228hakusekirei1.jpg
posted by miniflag at 18:42| 野鳥・昆虫・植物

猛禽類

久し振りにワシタカの仲間を撮影しました。ここにいる全種です。上からオジロワシ、エジプトハゲワシ、イヌワシ、ヘビクイワシ。

130228ojirowasi1.jpg

130228egiputo1.jpg

130228inuwasi1.jpg

hebikuiwasi1.jpg
posted by miniflag at 18:38| 猛禽類フクロウ

フクロウのあくび再び

カラフトフクロウはらんらんと目を輝かせていたかと思うと、眠そうに目を瞑り、時々大あくびをします。以前に全く同じような写真を撮った記憶があります。昼間も活動的な種類といわれますが、やはりフクロウ、ほんとは昼間は眠いのかも。

130228fukuro1.jpg

130228fukuro2.jpg
posted by miniflag at 18:31| 猛禽類フクロウ

おじさん

レッサーパンダの子ども2頭は室内から屋外展示に変わりました。見やすくなりました。今まで叔父のエイタがいた場所に移され、エイタは一番奥の父クウタが前にいた展示場になりました。エイタおじさんはどこにいても元気に動き回っています。

130228eita1.jpg
posted by miniflag at 18:24| シセンレッサーパンダ

2013年02月20日

室内のモンタとローラ

ゴリラは3頭とも室内にいました。暗い中で撮ってみました。モンタはじっとしていたので、何とかなりましたが、ローラはずっと口を動かしていたので、ブレた写真ばかりです。ケンタの姿はよく見えませんでした。

130220monta2.jpg

130220monta3.jpg

130220rola1.jpg
posted by miniflag at 19:57| ニシローランドゴリラ

オグロマーモセット

室内のゴリラを撮影した流れで、動物科学館内の小型サルと夜行性動物を撮影することにしました。いずれも照明が暗く、光量が絶対的に不足しているので、難しい撮影になります。ISO3200に設定しましたが、シャッタースピードは遅く、ほとんどが失敗写真でした。

まずはオグロマーモセットです。小型サルは7種いるはずですが、姿が見えないものがいたり、動きが早かったりで、3種類しか撮れませんでした。夜行性動物はムツオビアルマジロだけです。

130220oguro2.jpg

130220oguro1.jpg
posted by miniflag at 19:51| サル

クロミミマーモセット

コモンマーモセットの亜種だそうです。結構きつい顔をしています。

130220kuromimi1.jpg

130220kuromimi2.jpg
posted by miniflag at 18:38| サル